古くなったパソコン、処分するなら情報漏洩に注意?

古いパソコンを廃棄する場合は、データの情報漏洩に注意が必要ですよ。

パソコンには様々なデータが保存されていて、消去せずに処分してしまうと悪用されるリスクがあり、復元ソフトなど活用すれば消したはずのデータも簡単に元に戻せる可能性がありますので、表面的ではなく完全に消去する事が大切なのです。

データを消すための専用のソフトウェアを活用して消去するか、データが保存されている記憶媒体を物理的に壊して復元されないように対策するか、専門の業者にデータの削除を依頼するなどの方法がありますよ。

パソコンに重要な個人情報が保存されている場合、第三者の手にパソコンが渡ってしまうと犯罪やトラブルに巻き込まれる事が考えられますので気をつけましょう。

パソコンの故障、データ復旧か修理どっちを依頼するべき?

パソコンが故障してしまったら、業者に修理してもらうという選択肢がありますが、修理内容にも色々あるため、修理かデータ復旧のどちらを依頼すれば良いのでしょうか?

修理サービスは、壊れてしまったパソコンの原因を診断して必要なパーツの修理や交換を行い、機能を正常な状態に戻す事ができますが、パソコンに保存されているデータが消されてしまう可能性が高いのです。

データ復旧サービスは故障によって閲覧できなくなってしまったデータを復旧する事ができますが、パソコンの機能を復旧するわけではないため、修理が必要であれば別途依頼する必要がありますよ。

データを外部の記憶媒体にバックアップしているなら、データ復旧の必要はないでしょう。

パソコンの天敵?知っておくべき雷対策とは?

梅雨の時期に入るとパソコンの湿気対策だけでなく雷の対策も大切ですよ。

落雷によって、起動させていたパソコンの電源が切れてしまい強制終了と同じようにハードディスクに影響が出てしまう可能性がありますし、過電流ですから最悪の場合データの破損や故障に繋がる事が考えられるのです。

雷が落ちなくても、近くで鳴っているだけで雷サージという異常電圧が発生し、パソコンに影響が出てしまうと言われていますよ。

落雷対策としてパソコンのデータのバックアップが重要ですから、外付けの記憶媒体に大切なデータを保存しておきましょう。

雷が鳴り出したら、コンセントから電源プラグなどのコード類を抜いておいたり、無停電電源装置というアイテムを活用するのも効果的ですよ。

梅雨の時期に起こりがちなパソコントラブルとは?

梅雨の時期は湿度が高くてパソコンにとって悪い環境になりやすいですから、梅雨の時期に気をつけるべきパソコントラブルについてご紹介いたします。

精密機器であるパソコンに水や湿気は大敵であり、湿度が高いとパソコンがショートや腐食してしまい、故障に繋がるのです。

パソコンが置いてある部屋では、湿度が上がるような加湿器や観葉植物や洗濯物を設置しないように気をつけて除湿を心がけましょう。

パソコン内に湿気が溜まるのを防ぐためには、通気と排気を改善する必要がありますので、日頃からパソコンの掃除を行なって埃を溜め込まないように気をつけましょう。

パソコン内の大切なデータを守りたいのであれば、バックアップをとっておく事も大切ですよ。

パソコンのウイルス感染を防ぐために知っておくべき事とは?

パソコンをウイルスから守るためには、どんな対策が必要になるでしょうか?

ネットでよく見かけるバナー広告には注意が必要であり、パソコンに関する警告文が書かれた広告は嘘の可能性が高いですが、クリックしてしまうと個人情報が盗まれてしまったり、ウイルスに感染すると言われていますよ。

パソコンから警告音が鳴り出したら不安を感じるかもしれませんが、怪しいバナー広告を見かけても、クリックしてしまわないように気をつけて、もしクリックしてしまったらウェブサイトのページを閉じて個人情報などを入力しないように気をつけましょう。

パソコンにセキュリティソフトを入れていると、そのソフトが本物の警告を出している場合があるため間違えないように注意が必要なのです。

パソコンの画面が赤くなる?その原因と直し方とは?

パソコンの画面が青色になった経験がある方は多いかもしれませんが、真っ赤になるケースもありますので、その原因と対処方法について知っておきましょう。

ディスプレイの赤さの原因は幾つかありますが、まずは夜間モードがオンになっているかどうか確認して機能をオフにしてみたり、ディスプレイの設定で輝度や明るさが画面の赤みに関係しているかもしれませんので、設定を変更してみましょう。

バックライトの不具合や寿命が原因なら、バックライトの修理や交換を行う必要がありますし、液晶パネルの不具合が原因ならディスプレイ自体の交換を検討しましょう。

素人がパソコンを分解するのはリスクがありますので、直りそうにない場合は、業者にディスプレイの修理をしてもらう必要があるでしょう。

新社会人がやりがちなパソコントラブルとその対策とは?

新社会人が職場でパソコンを使うなら、パソコントラブルに気をつける事が大切ですよ。

まずは、パソコンを使用する前にパソコンに関する社内規定を確認しておき、テレワークのために社内のパソコンを持ち出しを検討しているなら、持ち出しのルールを確認してパソコン本体やデータの紛失を防ぎましょう。

社内や社外の人とメールでやり取りする前に、メール送信に関するルールや使い方を理解しておく事が大切ですよ。

勝手にアプリやソフトをインストールする行為はセキュリティ面でリスクがありますので、インストールする前に許可を得る必要があるでしょう。

個人用のスマホやパソコンを持っていたとしても、業務で使用するのはセキュリティ面でNGですから、業務には会社のパソコンを使用するようにしましょう。

現代人に必要不可欠?デジタルデトックスとは?

パソコンやスマホを使用する機会が多い現代人は、それによる眼精疲労やストレスで悩まされている人も多いですから、デジタルデトックスについて知っておきましょう。

デジタルデトックスとは、スマホやパソコンなどの電子機器に触らず、インターネットとも距離を置く事によって疲れを軽減させるという方法であり、自然に触れる事によって心身を癒すのです。

他にも、生身の人間とのコミュニケーションを楽しんだり、瞑想をしたり、紙の本を読むのも良いでしょう。

デジタルデトックスを行う事によって、寝付きの改善ができたり、時間を有効的に活用する事ができるようになったり、普段なかなか気づかなかった日常の着付きが得られるとも言われていますよ。

在宅勤務のパソコン、知っておくべきセキュリティ対策とは?

在宅勤務でパソコンを使用するなら、セキュリティについて知っておく事が大切ですよ。

パソコンがウイルスに感染してしたり、不正アクセスの被害に遭ってしまったら、ビジネス関連のデータなどが情報漏えいしたり、会社にも悪影響を及ぼす事が考えられますのでセキュリティ対策が必要不可欠なのです。

ネットワークは公共や共有で使用せず、安全に利用できる回線を使用して作業しましょう。

共有機能を使用しないように気をつけたり、フィッシングサイトなど怪しいサイトにアクセスしないように気をつけたり、日頃から気をつける事が大切ですよ。

セキュリティソフトを導入したり、最新のOSにアップデートしたり、会社でセキュリティ対策についてのルールを共有しておきましょう。

話題のランサムウェア、どんな対策が必要?

近年話題になっているウイルス、ランサムウェアに対してどんな対策が必要なのか知っていますか?

ランサムウェアはパソコンのデータと引き換えに身代金を要求してくるウイルスですから、被害に遭ったら大切なパソコンを使えなくなるだけでなく、数万から数億円規模の身代金を請求される場合もあるそうです。

被害に遭わないためにも迷惑メールの添付ファイルを開かないようにしたり、怪しいウェブサイトを開かないように気をつけましょう。

セキュリティソフトを導入したり、OSは最新の状態にアップデートしておく事が大切ですよ。

もしランサムウェアにかかった時の事を考えて、パソコンのデータを外付けHDDなど外部のストレージにバックアップを取っておきましょう。