パソコンがサイバー攻撃を受けたらどうすればいい?

もし自分のパソコンがサイバー攻撃を受けたら、どう対処するのが正解なのでしょうか?

サイバー攻撃の方法は様々ですが、攻撃を受けるとウイルスに感染したり、パソコン内に保存されているデータを盗まれたり、不正アクセスの被害に遭う事が考えられますよ。

ウイルスに感染した場合はセキュリティソフトでウイルスを駆除したり、データを盗まれて情報漏洩して場合にはネットワークを切断して対処しましょう。

不正アクセスの被害に遭ったならOSを最新の状態に更新したり、ファイアウォールを活用すると良いでしょう。

企業であればセキュリティの専門家や弁護士に相談したり、警察に通報するという対応になるでしょう。

日頃から最新のOSに更新したり、セキュリティソフトを導入して対策しましょう。

セキュリティ対策を怠ると、知らないうちに加害者になるリスクがある?

パソコンのセキュリティ対策を怠っていると、自分自身が加害者になってしまうリスクがありますので注意が必要ですよ。

パソコンがボットウイルスに感染してしまうと、知らないうちに犯罪者に自分のパソコンが遠隔操作で使われてしまい、無関係にも関わらず犯罪に巻き込まれる可能性があるのです。

遠隔操作で悪用されると自分のパソコンの個人情報が盗まれるだけでなく、ウイルスを撒き散らすスパムメールの発信元になったり、DDoS攻撃の踏み台にされ加害者になってしまうでしょう。

被害者にも加害者にもならないためには、最新のOSへの更新やセキュリティ対策ソフトを導入したり、怪しいメールは開かないなど日頃からセキュリティ対策を徹底して大切なパソコンを守りましょう。

パソコンにセキュリティソフトが必要な人の特徴とは?

パソコンをウイルスから守るためのセキュリティソフトは有料ですが、どんな人には必要なのでしょうか?

WindowsのOSはセキュリティ機能が搭載されているため、必要ないと感じている方も多いかもしれませんが、パソコンのセキュリティに対して不安がある方やパソコン内に個人情報を保存している場合はセキュリティソフトを導入すると良いでしょう。

パソコン初心者さんやビジネスでパソコンを使っている方、インターネットの通販を利用する機会が多かったり、ネットバンキングでお金のやり取りするのであればセキュリティソフトで対策する必要があるでしょう。

セキュリティソフトを導入すれば必ずしも安心という訳ではないため、怪しいメールやサイトを開かないようにするなど普段からセキュリティ対策しておきましょう。

とても危険!パソコンのサポート詐欺とは?

インターネットを閲覧している時に、突然セキュリティ警告画面が表示されたという経験がある方もいるかもしれませんが、近年ではサポート詐欺による被害が話題になっていますので注意しましょう。

サポート詐欺とは、パソコンでインターネット利用時にウイルス感染に関する警告や警告音で不安を煽り、偽の有償サポートへ誘導するという手口です。

偽の有償サポートから、本来払う必要のない代金を請求されたり、パソコンの遠隔操作を許可して個人情報を盗まれる事が考えられますよ。

インターネットで表示される警告は偽物の可能性も考えられますので、有名企業のロゴが使われていたとしても、要求に従わず金銭を支払ったりしないように気をつけましょう。

パソコンが遠隔操作されているとどうなるの?

もしパソコンがウイルスに感染して遠隔操作されたら、どんな症状が出るのでしょうか?

パソコンが遠隔操作されていると、個人情報漏洩やクレジットカードを不正利用される事が考えられますので、悪用されていないか確認する必要があるでしょう。

いつもよりパソコンの動作が重くなり処理速度が遅くなったり、予期しない挙動がある場合にも注意が必要ですから、普段と異なる動きがないかチェックしてみましょう。

身に覚えのない操作履歴や過剰なデータ通信量がある場合は遠隔操作されている可能性がありますし、身に覚えがないのに勝手にネットへ接続されていたら遠隔操作を疑ったほうが良いでしょう。

パソコンが遠隔操作されていると、不正な攻撃の踏み台として悪用される可能性があるため早めに対策しましょう。

パソコンのウイルス感染を防ぐために知っておくべき事とは?

パソコンをウイルスから守るためには、どんな対策が必要になるでしょうか?

ネットでよく見かけるバナー広告には注意が必要であり、パソコンに関する警告文が書かれた広告は嘘の可能性が高いですが、クリックしてしまうと個人情報が盗まれてしまったり、ウイルスに感染すると言われていますよ。

パソコンから警告音が鳴り出したら不安を感じるかもしれませんが、怪しいバナー広告を見かけても、クリックしてしまわないように気をつけて、もしクリックしてしまったらウェブサイトのページを閉じて個人情報などを入力しないように気をつけましょう。

パソコンにセキュリティソフトを入れていると、そのソフトが本物の警告を出している場合があるため間違えないように注意が必要なのです。

新社会人がやりがちなパソコントラブルとその対策とは?

新社会人が職場でパソコンを使うなら、パソコントラブルに気をつける事が大切ですよ。

まずは、パソコンを使用する前にパソコンに関する社内規定を確認しておき、テレワークのために社内のパソコンを持ち出しを検討しているなら、持ち出しのルールを確認してパソコン本体やデータの紛失を防ぎましょう。

社内や社外の人とメールでやり取りする前に、メール送信に関するルールや使い方を理解しておく事が大切ですよ。

勝手にアプリやソフトをインストールする行為はセキュリティ面でリスクがありますので、インストールする前に許可を得る必要があるでしょう。

個人用のスマホやパソコンを持っていたとしても、業務で使用するのはセキュリティ面でNGですから、業務には会社のパソコンを使用するようにしましょう。

在宅勤務のパソコン、知っておくべきセキュリティ対策とは?

在宅勤務でパソコンを使用するなら、セキュリティについて知っておく事が大切ですよ。

パソコンがウイルスに感染してしたり、不正アクセスの被害に遭ってしまったら、ビジネス関連のデータなどが情報漏えいしたり、会社にも悪影響を及ぼす事が考えられますのでセキュリティ対策が必要不可欠なのです。

ネットワークは公共や共有で使用せず、安全に利用できる回線を使用して作業しましょう。

共有機能を使用しないように気をつけたり、フィッシングサイトなど怪しいサイトにアクセスしないように気をつけたり、日頃から気をつける事が大切ですよ。

セキュリティソフトを導入したり、最新のOSにアップデートしたり、会社でセキュリティ対策についてのルールを共有しておきましょう。

話題のランサムウェア、どんな対策が必要?

近年話題になっているウイルス、ランサムウェアに対してどんな対策が必要なのか知っていますか?

ランサムウェアはパソコンのデータと引き換えに身代金を要求してくるウイルスですから、被害に遭ったら大切なパソコンを使えなくなるだけでなく、数万から数億円規模の身代金を請求される場合もあるそうです。

被害に遭わないためにも迷惑メールの添付ファイルを開かないようにしたり、怪しいウェブサイトを開かないように気をつけましょう。

セキュリティソフトを導入したり、OSは最新の状態にアップデートしておく事が大切ですよ。

もしランサムウェアにかかった時の事を考えて、パソコンのデータを外付けHDDなど外部のストレージにバックアップを取っておきましょう。

パソコンでやっておくべきセキュリティ対策とは?

パソコンを使用するなら、まず最初にセキュリティ対策が必須ですよ。

アカウント設定はスタートボタンから設定できますので、できる限り2段階認証でセキュリティ対策をしたり、生体認証によるログインを採用したり、パスワードは他と同じものを使用しない事が大切です。

Wi-Fiの設定は、暗号化の状態になっているか確認してセキュリティ対策しましょう。

OSやソフトウェアは定期的にバージョンをアップデートして最新の状態にしたり、信頼できるセキュリティソフトを導入して、定期的にウイルスチェックをしておくと安心できるでしょう。

対策をしていても被害に遭うのが心配という方は、別売りの外付けHDDにバックアップを取っておくと良いでしょう。