ネットカフェのパソコンを壊してしまったら? 感染させたら?

普段からネットカフェを利用しているという方も多いかもしれませんが、もしネットカフェのパソコンを壊してしまったらどうなるのでしょうか?

ネットカフェによって規約が異なるため確認しておくのがオススメですが、基本的にネットカフェのパソコンは使用後に再起動させるとパソコンのOSを初期化の状態に戻せるような設定になっている事が多いのです。

再起動して初期化できれば、ウイルス感染させてしまっても大抵の場合は問題ないと言われていますよ。

悪質な場合は運営会社から訴えられる可能性も考えられますので、気になる方は法律の専門家に相談すると良いでしょう。

そもそもネットカフェのパソコンはセキュリティ面でリスクが高いですから、個人情報を入力しないように気をつけたり、USBを持ち込んで使用するのも避けた方が良いでしょう。

パソコンが壊れた!故障箇所は特定できるのか?

パソコンが壊れたけど故障箇所がどこにあるのか分からないというケースは多いかもしれませんが、固定箇所を特定する事はできるのでしょうか?

パソコンが故障する主な原因として、ハードウェアかソフトウェアのどちらかに問題がある事が考えられますので、パソコンのシステムとパーツのどちらに原因があるのか調べてみましょう。

インターネットで簡単に故障の原因を検索して調べる事ができますので、パソコンの症状を確認してみましょう。

パーツに原因がある場合は交換や修理して改善できる可能性がありますが、システムに原因がある場合は修理か買い替えが必要になる事が考えられますよ。

パソコンの故障は素人が解決するのは難しいですから、プロに調査してもらうのがオススメです。

とても危険!パソコンのサポート詐欺とは?

インターネットを閲覧している時に、突然セキュリティ警告画面が表示されたという経験がある方もいるかもしれませんが、近年ではサポート詐欺による被害が話題になっていますので注意しましょう。

サポート詐欺とは、パソコンでインターネット利用時にウイルス感染に関する警告や警告音で不安を煽り、偽の有償サポートへ誘導するという手口です。

偽の有償サポートから、本来払う必要のない代金を請求されたり、パソコンの遠隔操作を許可して個人情報を盗まれる事が考えられますよ。

インターネットで表示される警告は偽物の可能性も考えられますので、有名企業のロゴが使われていたとしても、要求に従わず金銭を支払ったりしないように気をつけましょう。

パソコンが遠隔操作されているとどうなるの?

もしパソコンがウイルスに感染して遠隔操作されたら、どんな症状が出るのでしょうか?

パソコンが遠隔操作されていると、個人情報漏洩やクレジットカードを不正利用される事が考えられますので、悪用されていないか確認する必要があるでしょう。

いつもよりパソコンの動作が重くなり処理速度が遅くなったり、予期しない挙動がある場合にも注意が必要ですから、普段と異なる動きがないかチェックしてみましょう。

身に覚えのない操作履歴や過剰なデータ通信量がある場合は遠隔操作されている可能性がありますし、身に覚えがないのに勝手にネットへ接続されていたら遠隔操作を疑ったほうが良いでしょう。

パソコンが遠隔操作されていると、不正な攻撃の踏み台として悪用される可能性があるため早めに対策しましょう。

パソコンの電磁波に対策は必要か?

パソコンなどの電子機器からは電磁波が発せられていると言われていますが、目には見えない電磁波には何らかの対策は必要なのでしょうか?

パソコンやスマホなどから発せられる電磁波を浴びると体に影響が及ぼされ、電磁波過敏症という症状に悩まされる事が考えられますよ。

デスクトップパソコンであれば、アース専用のコンセントにアースを接続しておく事が対策できますが、長時間の使用は避けて電磁波を発する電子機器から離れたり、パソコンを使用していて不調を感じたら休憩する事が大切です。

アース線が付いていない機器は、できる限り肌に触れさせないようにすると良いでしょう。

海外では、できる限り子供にスマホやパソコンを使わせないという対策が実施されていますよ。

古くなったパソコン、処分するなら情報漏洩に注意?

古いパソコンを廃棄する場合は、データの情報漏洩に注意が必要ですよ。

パソコンには様々なデータが保存されていて、消去せずに処分してしまうと悪用されるリスクがあり、復元ソフトなど活用すれば消したはずのデータも簡単に元に戻せる可能性がありますので、表面的ではなく完全に消去する事が大切なのです。

データを消すための専用のソフトウェアを活用して消去するか、データが保存されている記憶媒体を物理的に壊して復元されないように対策するか、専門の業者にデータの削除を依頼するなどの方法がありますよ。

パソコンに重要な個人情報が保存されている場合、第三者の手にパソコンが渡ってしまうと犯罪やトラブルに巻き込まれる事が考えられますので気をつけましょう。

パソコンの故障、データ復旧か修理どっちを依頼するべき?

パソコンが故障してしまったら、業者に修理してもらうという選択肢がありますが、修理内容にも色々あるため、修理かデータ復旧のどちらを依頼すれば良いのでしょうか?

修理サービスは、壊れてしまったパソコンの原因を診断して必要なパーツの修理や交換を行い、機能を正常な状態に戻す事ができますが、パソコンに保存されているデータが消されてしまう可能性が高いのです。

データ復旧サービスは故障によって閲覧できなくなってしまったデータを復旧する事ができますが、パソコンの機能を復旧するわけではないため、修理が必要であれば別途依頼する必要がありますよ。

データを外部の記憶媒体にバックアップしているなら、データ復旧の必要はないでしょう。

パソコンの天敵?知っておくべき雷対策とは?

梅雨の時期に入るとパソコンの湿気対策だけでなく雷の対策も大切ですよ。

落雷によって、起動させていたパソコンの電源が切れてしまい強制終了と同じようにハードディスクに影響が出てしまう可能性がありますし、過電流ですから最悪の場合データの破損や故障に繋がる事が考えられるのです。

雷が落ちなくても、近くで鳴っているだけで雷サージという異常電圧が発生し、パソコンに影響が出てしまうと言われていますよ。

落雷対策としてパソコンのデータのバックアップが重要ですから、外付けの記憶媒体に大切なデータを保存しておきましょう。

雷が鳴り出したら、コンセントから電源プラグなどのコード類を抜いておいたり、無停電電源装置というアイテムを活用するのも効果的ですよ。

梅雨の時期に起こりがちなパソコントラブルとは?

梅雨の時期は湿度が高くてパソコンにとって悪い環境になりやすいですから、梅雨の時期に気をつけるべきパソコントラブルについてご紹介いたします。

精密機器であるパソコンに水や湿気は大敵であり、湿度が高いとパソコンがショートや腐食してしまい、故障に繋がるのです。

パソコンが置いてある部屋では、湿度が上がるような加湿器や観葉植物や洗濯物を設置しないように気をつけて除湿を心がけましょう。

パソコン内に湿気が溜まるのを防ぐためには、通気と排気を改善する必要がありますので、日頃からパソコンの掃除を行なって埃を溜め込まないように気をつけましょう。

パソコン内の大切なデータを守りたいのであれば、バックアップをとっておく事も大切ですよ。

パソコンのウイルス感染を防ぐために知っておくべき事とは?

パソコンをウイルスから守るためには、どんな対策が必要になるでしょうか?

ネットでよく見かけるバナー広告には注意が必要であり、パソコンに関する警告文が書かれた広告は嘘の可能性が高いですが、クリックしてしまうと個人情報が盗まれてしまったり、ウイルスに感染すると言われていますよ。

パソコンから警告音が鳴り出したら不安を感じるかもしれませんが、怪しいバナー広告を見かけても、クリックしてしまわないように気をつけて、もしクリックしてしまったらウェブサイトのページを閉じて個人情報などを入力しないように気をつけましょう。

パソコンにセキュリティソフトを入れていると、そのソフトが本物の警告を出している場合があるため間違えないように注意が必要なのです。